税理士選びに悩んだら・・・

税理士の選び方に悩んでいる人は、選ぶとき必ずみておくべき部分を調べてみましょう。どんな税理士なら安心して任せることができるのか?という部分を知っていれば、みつけやすくなります。

税理士を選ぶときにみるべきポイントランキング

説明
no.1

対応がスピーディーか確認

税理士を選ぶとき、もっとも見るべき部分といわれているのが対応の速さです。レスポンスの遅い税理士を雇ってしまうと、無駄に税金を支払ってしまう可能性が高くなってしまうと言われています。

no.2

偉そうな態度をしていないか確認

大柄な態度をとっている税理士にも、注意しましょう。このような態度をとっている税理士は顧客ごとに情報収集をとっていないため、情報不足によりトラブルを招いてしまうう可能性があると言われているため2番目に気を付けるべき点でしょう。

no.3

具体的に説明してくれるか確認

創業したばかりの企業ということを知りつつ、具体的な料金やプランの説明をしない税理士にも注意しましょう。具体的な説明を省くような税理士は、依頼後安心して任せることができません。

no.4

節税に関する知識をもっているか確認

節税に関する知識を持っているかどうかも、確認しておいが方が良いかもしれません。企業が成長するためには、適切な納税をサポートしてもらうことも大切ですが、無駄な税金を減らすことも大切だからです。

no.5

資金調達に強い税理士か確認

企業が成長するためには、節目節目で大きな資金が必要になると言われています。そのため、資金調達に強い税理士かどうかも確認すべきポイントです。資金調足に強い税理士は市場ニーズにも適しているため注目されています。

弁護士と税理士の仕事内容の違いはなに?

税理士を雇用すべきか、弁護士を雇用すべきか悩んでいるという人は仕事内容の違いを調べてみましょう。それぞれで、専門としている内容が異なるため任せたい仕事内容に合わせて選ぶことが大切です。

弁護士と税理士の違い

弁護士

弁護士は、主に司法書士と行政書士・税理士の仕事を担うことができます。そのため弁護士資格を持っている人なら、この3つも任せることができるでしょう。債務整理に関する相談もしたいという人は、大阪の弁護士に相談してみましょう。

税理士

税理士は、主に税金事務に関する業務を代理で行なう仕事です。税務書類の作成や税金に関する相談・会計業務などを任せることができるた税専門の知識を持っている人に任せたいという場合は、税理士を選んだ方が良いと言われています。

会社設立時には決めておこう「税理士を選ぶときは実績を確認」

電卓

会社設立前に税に関する専門家を見つけておこう

会社設立前にどんな準備をしておくべきなのか悩んでいる人は、まずは税金対策のプロを見つけてみましょう。税金対策のみのプロを探すのであれば、信頼できる税理士を探してみてください。債務整理や、その他の相談もしたいという場合は、大阪の弁護士を雇い相談してみましょう。弁護士は、行政書士・税理士の仕事もこなすことができます。

B型肝炎手続きを弁護士に相談

[PR]
中国大使館の認証が必要なら必見!
手続き代行業者を厳選紹介♪

[PR]
港区で好評な税理士事務所
税金に関する専門講座を随時開催中!

相続税申告は税理士に頼もう

建築業許可の申請代行を実施中♪

広告募集中